2015年1月28日水曜日

ハイエース改造第7弾、カーテン付けちゃう!





バイクに乗れないのでトランポ快適化作業が捗ります。
嬉し悲しです。

次の作業は室内へのカーテン設置です。
これ、キャラバンの時からずっとやりたかったんです。

臭い

トランポってガソリンやらタイヤやらケミカルやらの石油製品をたくさん積んでるじゃないですか。
臭いが室内に広がりがちなんですよね。
車酔いしやすいうちの子は「父さんの車は臭いから嫌だ」と言って乗りたがりません。

寒い(暑い)

それとキャラバンやハイエースって室内空間が大きすぎてエアコンの効きが悪いです。
効いてきたなーと思っててもブレーキかけると後部に溜まってた空気が流れてきて、夏はもんわり、冬はひんやりと嫌な感じになります。


これらはカーテンを設置することでかなり対策できると考えています。





それではまずはニオイ対策。
後席真後ろの棚にカーテンを設置します。
完全に仕切るわけじゃないけど、少なくとも空気より比重が重いガソリンは床面で室内を分断できているだけでだいぶマシになるんじゃないかと。


前回の作業で設置した棚の支柱、あれ1500mmで用意してた理由はカーテンレールを設置するためだったんです。

1500mm支柱最上部に伸縮タイプのカーテンレールを固定

カーテンレールは直線の伸縮自在タイプを選びました。
最上部に隙間ができますが、ここはこれで十分かなと思っています。
どちらかと言うとここでは最下部に隙間がないことを重視しています。

そこで床面の空気を分断するために長めのカーテンを選びました。
カーテンを横に引っ張って側壁に密着させても床面からカーテンが離れないように1700mmのカーテンにしています。

ホムセンで安売りしてた高さ1700mmのカーテンを設置
端っこに白いガムテで止めてあるのはトランポで愛用している強力磁石
この後お裁縫してカーテンに縫い付けました

天井の方が床より横幅が狭いので、カーテンレールの長さは床面より短くなっています。
しっかりカーテンを側壁に密着させたいのですが、その方法にも色々あります。
僕はキャラバンの頃から愛用していたダイソーの強力磁石を使用することにしました。
カーテンの端っこに磁石を縫いつけちゃいました。



実際にここにカーテンを設置してみて感じたのは、これはニオイ対策っていうより居室・荷室の分断用だなということ。
ここのカーテンを閉めておくと後席が気分的に乗用車になりましたw




続いて今度は空調対策です。
運転席後方にカーテンを設置して空調の効きをよくします。

ここはエンジン室があるので1400mmのカーテンで最下部は十分分離できます。
空調の効きを上げるため、ここのカーテンは最上部もしっかり隙間なく設置したいです。

天井にカーテンレールを設置するために早速トグラーを買ってきました。

これがトグラー

半分に折ると座薬みたいな形に……

天井にドリルで穴を開けて座薬を突っ込みます
付属のピンを穴に突っ込むと壁の向こうで元の形に戻ります

躊躇なく天井に穴を開けまくってトグラー設置完了

トグラーがあることで強度の弱い素材(この場合天井のこと)に強度を確保してビス止めができるようになります。



さあ、これでカーテンレールを固定する準備が整いました。



ただ、この部分は天井に向けて側壁が絞りこまれている形状なのと、両側壁が鉄板ではなくモールで覆われているので直線的なカーテンレールの設置は難しそうです。

そこで僕が選んだのは出窓用の曲がるカーテンレール。
グニャグニャ曲がるので天井のカーブに沿って設置できるだろうと思ったのですが……


横方向には曲がるが縦方向に曲がらないことが判明 orz


仕方ないのでニッパーで軸のアルミ板ごとバチバチカットします……。


天井の絞り込み角度に合わせてレールをカットしました

無事カーテンレールの設置が完了しました

軽く絶望はしたものの、ほぼイメージ通りにカーテンレールの設置が完了しました。
早速カーテンを設置してみます。


天井からしっかり室内を分断できました


試しにこの状態でエアコンを入れてみると、ものの数分で効いてきます。
効果絶大!


で、ものは試しに両方のカーテンを閉じてみました。


カーテンの柄と相まってツイッターで「エロい」の声多数


ツイッターで「走るラブホ」という残念な称号を与えられて軽く憤慨しています。



でも言われてみればセカンドシートを畳んで布団を敷いたら快適な寝床になる予感。
セカンドシートに座椅子を置いたら座り心地も良くなりそうだし、マットレス代わりにも使えるかな?


こんなやつ


ちなみにここまでの作業はまたしてもホムセンの駐車場でやっちゃいました。
まいど本当にスミマセン……。


これからもお世話になります!

0 件のコメント:

コメントを投稿