2014年10月14日火曜日

Moto爺Pウィーク!〜もてぎへの道編〜





忘れないうちに連投。

MotoGP日本GPと爺ヶ岳フリーライドの日程が重なったけれどAAGPに出られないから両方行っちゃおうという企画、『Moto爺Pウィーク』です。


元々TEAMまえのめりって、Twitter黎明期に集まったMotoGPクラスタの中でオフロードの世界に感化されちゃったナイスガイの集まりなんです。
だから……



オフロードも大切だけど、同じくらいMotoGPも大切なのッ☆



僕ら、MotoGPマニアです。
WGP時代から現在に至るまでの全カテゴリーの思い出話で飲み明かすことができます。



余談はいいとして、前回のエントリーはフリーライドのお話が中心でしたが、今回はツインリンクもてぎまでのあれこれについてをば。





それは爺ヶ岳へ向かう車中での出来事でした。



都内の自宅から長野県は大町市の爺ガ岳スキー場へ。
深夜なら3〜4時間の移動時間です。

爺ガ岳スキー場でフリーライドを満喫したら栃木県は茂木町のツインリンクもてぎへ。
夜の移動でも渋滞がなければ4〜4.5時間。
帰宅感覚でもてぎ入りできちゃうねッ☆



フリーライド、車中泊、MotoGP観戦、必要な物は全てトランポに積んであります。
完璧。



フリーライドに向かう車中で僕は期待でニヤニヤしてたと思います。
そんな僕があることに気付いてしまいました。



道の駅安曇野松川」という標識を見た時のことです。











「道の駅安積野松川かぁ」

道の駅もてぎでチケット買ったことあるな」


「もてぎ チケット」



「駐車券?」




「駐車券忘れた」










車中でハンドルぶっ叩きながら「やっちまったああああ!!!」と叫んでいたのが僕です。



一旦戻るか?
いやムリだろ。だって


もうこんなところだし


絶望です。僕は今、深い絶望の淵にいます。





はぁ……。








なんてことがありまして、爺ガ岳スキー場に着いてすぐメンテしたみたいに書きましたけど、全然そんなこと無かったんです。

駐車券をなんとかするべくいろんなところに連絡を入れまくってたんですorz



正直、スマンカッタ



本件、takさんとぐんたんに大変お世話になりました!
その説は大変ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんでした。
無事現地入りできることに!




(フリーライド終了)




フリーライドを終えた僕とげんさんは一路もてぎへ。
上信越道→北関東道→もてぎの旅路は地図で見るとほぼ真っすぐ。

爺 to もてぎ、ちょろい











そんなふうに考えていた時期が俺にもありました











げんさんと二人で「もてぎ遠いな」って言いながら横川SAでチゲ鍋ラーメンをすすって、ツインリンクもてぎ北ゲートに到着したのが22時半。

げんさん「もてぎ遠いっすね…」
俺「もてぎ遠いね…」

やっと到着した北ゲート。
係員に駐車券を忘れた旨を伝えれば駐車場に入れるはずだったのですが、どうも手配がうまくいっていない様子。
しばし係員さんの連絡を待ちます。


続くげんさんは東ゲートの駐車場。
だけど、ぼっち宿泊が寂しいので仲間のいるN5に停められないかとゲートの人に交渉。
そしてあえなく却下。

北ゲートをUターンして東ゲートへと向かうげんさんの寂しそうな顔が忘れられません……。



ごたごたとしましたが、なんとか駐車場に入って仲間のもとに合流出来たのが23時過ぎ。
大町温泉郷の薬師の湯を出発して5時間後のことでした。
おつかれ、俺。



今回泊まるのはツインリンクもてぎのハローウッズ



ビッグイベントの日のハローウッズは大人気で、ここの宿泊権利がどこよりもプラチナチケット状態です。
今年はそこにお邪魔できることになっちゃったのです!

洗濯機回せます ©takさん
シャワー浴びれます

今回ハローウッズの予約に協力したグループのみんなが空調完備のログキャビンに宿泊しているので、到着後に早速酒盛りです。(写真撮り忘れた!)

連日飲み明かしている、タフで濃厚で楽しいMotoGPファンの仲間たち。
中には年に一回、日本GPでだけ会うことができる仲間も。
そんな仲間とあんな話やこんな話をしていると、疲れているはずなのに目が冴える一方w



いつものように時間を考えずに宴を楽しんでしまうと翌日のMotoGPレース中に寝ちゃうので、2時頃にお開きとしました。
僕は駐車場に停めたトランポに車中泊。


おやすみなさい


明日はお天気が持ちますように……。
※また台風が来てる

0 件のコメント:

コメントを投稿