2012年4月15日日曜日

草月流生花のお稽古を受けています





生花を始めて1年半経ちます。
月に2度程度の稽古ですが、自宅で復習してるので月に4〜5回程度は生けています。
このくらいの頻度で生けていると四六時中花のある生活になります。
いつの間にか花の無い生活をしていた過去が嘘のようになりました。

たまたま縁があって草月流の師範の方と知り合って教えを請うたのがそもそもの始まりですが、高校時代に華道部に入りたかった僕にとっては「やっと始められた」という感じです。



昨日は第五応用傾真型盛花の稽古でした。

2つの剣山を用いる「株分け」という型の一つですが、この型も今までに習ってきた型の延長線上にあり、今まで習ってきた型の範囲で多彩な表現ができる醍醐味を楽しんでいます。


キバデマリ、ラクスパー、レザーファンで第五応用傾真型盛花

お稽古で生けた後に自宅でどうやって生けようか考えるのも好きです。
どこに生けようか、この型を生ける花器はどれがいいか、逆勝手(左右逆に生けること)はどうか、などなどお稽古を受けるほど考えることが増えていきます。

自宅玄関に薄い丸水盤を使って逆勝手に生けてみました

これが今回の復習です。
逆勝手にした点と、真(一番長い枝)と副(2番目に長い枝)に複数本のキバデマリを使った点が自分的なポイントですが、先生の指導が無いと自分の甘えが出る気がしています。

あともう少しで型の稽古が終わり、自由花(造形美を追求して型にとらわれない生け方をすること)中心とした稽古に変わります。
今まで創作活動をして来なかった身にとっては自由花は物凄く精神を消耗するので非常に不安ですが、生ける事自体は楽しんでいるので引き続き学んでいきたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿